介護人材確保についての解決方法

お問い合わせはこちら

ブログ

介護人材確保についての解決方法

2019/03/12

介護の人手不足を改善します

介護人材を確保する方法

今後、新しい介護人材の確保は年々難しくなっていきます。今後、35万人とも言われる介護職不足があります。その中で、新しい人材の確保よりも、重要なのが、今いる介護人材が退職しないようにすることです、その為には介護人材の育成は必要不可欠です。
介護人材の確保に有効な方法として「キャリアパス制度」導入されていますか?

多くの事業所さまが導入を検討され、実際に運用されていると思います。介護職の多くが職場に求めているのは、スキルアップや自分を認めてくれる環境です。その際に有効なのが「キャリアパス制度」です。

これからは、このキャリアパス制度があるかどうかも介護職が就職先を選ぶ時のポイントになってきます。

しかし、実際に運用するとなると莫大な労力と時間が必要です。介護職のモチベーションを上げる施策のはずが、余計なストレスとなってしまっている状態があります。

介護人材の育成には、介護職を「専門職」として理解することが大切です。一般的な研修プログラムでは介護職の育成はできません。介護職のやりがいや成長実感などを育てながら、専門職として目指すべきものや重要な考え方を明確にすることが求められます。

介護人材の確保・育成は、事業所の運営を左右するほど重要な事柄です。介護人材が不足すると、必要なサービスが提供できず閉鎖に追い込まれ場しまう場合もあり、最近では人材確保が困難な為にご利用者の受け入れを断念するようなケースもあります。

介護人材を確保・育成する方法として、この「キャリアパス制度」は重要で、人材育成無くして事業の発展は望めません。我々には介護職の育成を専門にしてきらからこそできる介護人材の為の人材育成方法があります。

「キャリアパス制度の構築・導入」「社内認定試験の導入」などに興味がある方、介護人材の育成でお困りの事業所さま、是非ご相談下さい。

本気で取り組みたい事業所様を全力で応援します!!