「持ち上げない介護技術」講師派遣プログラム例

お問い合わせはこちら

ブログ

「持ち上げない介護技術」講師派遣プログラム例

2019/09/16

介護技術講師派遣導入事例

持ち上げない介護技術導入事例~訪問介護事業所様~

「持ち上げない介護技術」研修導入事例(訪問介護事業所様)~株式会社 B様~

<導入経緯>

介護職から研修の要望があり、研修を企画しておりました。全国に店舗があり、各地域ごとに研修導入を計画しました。関西地域では、訪問介護で課題となっている実技研修を導入したく「持ち上げない介護技術」講師派遣をお願いしました。。

<導入内容>

「持ち上げない介護技術」講師派遣をしたのは、訪問介護事業所では、介護技術が未熟な職員も多く、研修実施の要望があったので導入しました。介護技術の基本動作に加え、「持ち上げない介護技術」の指導をお願いしたいと思い、写真の内容で導入を依頼しました。(下記写真参照)

<研修効果>

「持ち上げない介護技術」講師派遣を導入した結果、身体介護が苦手な職員も多く、身体介護へのニーズに事業所として応えられない所もあり、研修が課題でした。訪問介護事業所では、道具もなく研修の実施も難しく悩んでいました。

「持ち上げない介護技術」講師派遣では、研修場所はこちらで用意しましたが、必要な道具などは全てご用意頂き、助かりました。また、「持ち上げない介護技術」講師派遣では、内容も期待以上のもので、こんなやり方があったのかと目からウロコでした。訪問介護では1人で介助する必要があるので、この技術が習得できれば、売上向上にも結び付けられると思っています。「持ち上げない介護技術」講師派遣を次年度以降は、回数を増やして実施したいと考えています。

<スタッフ感想>

  • こんなに簡単に人間が動かせるなんて、とってもビックリしました。
  • 訪問介護は1人で現場に行くので、誰にも聞けなくて悩んでいたこともあり、今回研修を受けることができて良かった。
  • 他のヘルパーとも交流することができて、同じ悩みなどがあることが分かって安心できた。
  • 会社側が要望を聞いてくれて嬉しかった。

<考察>

研修導入のご相談を頂いたのは、関東の本部からご相談があり、メールと電話で内容の打ち合わせを実施しました。会場の下見に来られる時に同席し、内容を固めました。「持ち上げない介護技術」講師派遣の研修開始前は、参加者が集まるか同課が不安を離され、他の地域でも実施したが、参加者の反応もあまり良くなく悩んでいるとの事でした。今回、ご提案したのは、訪問介護の職員が悩んでいるだろうと想定される介護技術(移乗介助、ベッド上介助)を中心にご提案しました。

「持ち上げない介護技術」講師派遣を導入した結果、参加者が想定より多く、関心が高いのが分かりました。すぐに実践できるものも多く、身体介護を積極的に受け入れる体制ができたとの評価を頂きました。訪問介護事業所様では、サービス提供責任者が研修を実施する体制は整っているが、介護技術の研修は場所も道具もなく実施が困難ですが、必要な福祉用具(車椅子、クッション、杖等)は全て、こちらで用意することが可能ですので、「持ち上げない介護技術」講師派遣の導入が可能です。

訪問介護事業所様の課題は、今後生活援助だけでは売り上げを上げることは難しく身体介護を受け入れていく必要があるが、職員の苦手意識が強く、なかなか難しい所があります。また、訪問介護事業はヘルパー1人が派遣されるので、介護技術に自信がないと大きな事故になったりすることもあり、事業所としてもヘルパーの派遣調整が難しい業種となります。「持ち上げない介護技術」講師派遣はそのような課題についても効果が発揮できます。また、「持ち上げない介護技術」講師派遣を頂いた際、「言葉遣い」や「コミュニケーション」についても同時にご相談頂き、クレーム(苦情)も多いと聞いていましたので、「持ち上げない介護技術」講師派遣では、ご利用者との接し方や接遇についても研修内で触れるようにしました。