介護事業所の職員研修

お問い合わせはこちら

ブログ

介護事業所の職員研修

2019/04/27

介護事業所の職員研修について

研修担当が辛い…

介護事業所の職員研修には、様々なものがあります。

介護事業所の職員研修には、行政などで決められているもの、職員に必要と思われるもの、事故防止や緊急時などマニュアルに基づいたもの…等、多くの介護事業所では、このような中から優先順位を決めて職員研修を行っていると思います。

では、その研修の講師を務めるのは誰でしょう。

介護事業所の職員研修では、多くの場合介護職員や主任(リーダー)が行うことが多いと思います。主任(リーダー)などは職員研修の講師を行うこともできないと中間管理職として職員をまとめていくことは難しいと思います。

しかし、介護職は介護のプロ、主任やリーダーはマネジメントの役割があります。職場研修の講師ができなくても本来の役割が十分に行えればそれで十分なはずです。

であるにもかかわらず、本来の役割の他に、介護事業所の職員研修の研修担当しないといけないとなると、負担も感じますしストレスにもなります。

また、介護事業所の職員研修用に忙しい中で資料などを作っているので、インターネットなどの引用が多くなり、結果的にその資料を読むだけの研修になりがちです。

このような研修で、結果的に職員の育成にどれだけの効果があるのでしょうか?行政に、求められているからと言っても、研修で残業させる場合にも人件費は発生しますし、シフト調整の手間も必要です。

同じ手間や費用をかけるなら、効果のある介護事業所の職員研修を行いませんか?

介護事業所の職員研修費用を抑えたい方ほど、研修はプロにお任せ下さい。

研修を内部で実施すると、確かに費用安く感じるかもしれませんが、担当職員の残業代や読むだけのための研修で人件費が発生することを考えると、研修のプロに任せた方が、より安く効果的に内容も充実したものになります。

しかし、職員の方々が研修を行うことの必要性も理解しています。介護事業所の職員研修の研修担当になることで知識や理解が深まり、その人の成長にもつながります。

私たちは、介護事業所の職員研修の研修を行うと同時に、次の研修を行える人材育成も同時に行います。研修担当として、次は施設の職員の方が介護事業所の職員研修を行えるように、「話し方」「伝え方」「資料の作成の仕方」などをレクチャーします。

プロの講師からアドバイスを受けることで、介護事業所の職員研修担当の成長も促すことができ、結果的に研修費用以上の効果を感じることができます。

多くの介護事業所で取り入れて頂いており、研修担当者の育成ができるのは貴重です。是非、一度ご検討下さい。