介護事故を防止するリスクマネジメント

お問い合わせはこちら

ブログ

介護事故を防止するリスクマネジメント

2019/04/27

リスクマネジメント

介護事故を防止する

介護事故を防止するリスクマネジメントは「リスクアセスメント」と「ダメージコントロール」の両方ら考えることが必要です。

「リスクアセスメント」は、どんな介護事故が想定されるか?想定される介護事故を避けられるかどうか?とう考え方になります。

一方、すべての介護事故を防止することができるわけではありませんので、介護事故で受けたダメージを少しでも減らす「ダメージコントロール」も合わせて行うことが必要です。

 

例えば、介護事故を防止する考え方では、杖で歩行されている方が転倒しないように、障害物などを片づけたり、歩行される場所を選んだりするのは「リスクアセスメント」です。

しかし、人が歩いている以上、必ず転倒する可能性は0ではありません。

もし、転倒した時の、怪我を最小限に防ぐために、膝や肘にサポーターを付けたりすることは「ダメージコントロール」です。

介護事故を防止に必要なのはこの2つの考え方です。介護事故が多い背景には、この2つの考え方がしっかりできていない場合が多いです。特に、最近は事故が起こると介護事業所側に賠償責任を求める訴訟なども多く発生しています。介護事故を起こさないだけではなく、このような訴訟にも対応できるケアを行う必要があります。

介護事故を防止するためには、危険予知トレーニングが有効です。介護事故を防止するには、このトレーニングを実施することで、事故に対する意識が変わり、介護事故を防止することができます。

普段、リスクマネジメントのみを学ぶことは難しいですが、大阪箕面で開催している介護セミナーでは、介護事故を防止する為に必要な「リスクマネジメント」を1科目から受講することが可能です。

介護事業所で研修を担当する職員の方が受講され、ご自分の施設で実施されるなど使い方は様々です。

経験の浅い方は、もちろんですが、研修担当になった方も、ぜひご受講下さい。