食事介助セミナー(研修)について

お問い合わせはこちら

ブログ

食事介助セミナー(研修)について

2019/04/09

食事介助セミナー(研修)について

食事介助セミナー(研修)では、食事介助で一番気を付けないといけない「誤嚥」「喉詰め」についてしっかり理解することが重要です。

食事介助は、他の介護技術に比べ、小さなリスクが大きな事故になってしまうことがあり、大変注意が必要です。特に喉詰め事故は、命に係わる重大な事故につながります。

食事介助で一番気を付けないといけないのは、「誤嚥」「喉詰め」です。

食事介助セミナー(研修)では、正しい食事姿勢を作るには、椅子やテーブルの高さの位置なども重要になります。

車椅子の乗ったままでは、この正しい姿勢を作ることが難しいので、必然的に誤嚥しやすい状態になります。

できるだけ車椅子から椅子に乗り移ることを行ってから、食事介助を実施してください。

 

また、食事介助では、食事はただ食べ物を口に入れることでなく、どのような食べ物がどう口に入ってくるかも重要です。

その為には、香りや見た目、食感、味覚などが大変重要になってきます。

これらをどう感じて頂くかも食事介助には重要になります。

 

食事介助セミナー(研修)では、食事をどうすれば美味しく召し上がって頂けるのか?を考えながら、介助できるように食事介助の基本を学びます。

食事介助セミナー(研修)では、食事介助に必要なことを食事姿勢も含めて、お伝えしています。

管理栄養士や看護師など、専門職の方も受講される人気の食事介助セミナー(研修)です。

もちろん、無資格・未経験の方で分かりやすいよう、体験しながらご受講頂けます。