介護スキルアップ研修~大阪~

お問い合わせはこちら

ブログ

介護スキルアップ研修~大阪~

2020/04/21

介護スキルアップ研修~大阪~

スキルアップに必要なもの

多くの介護職は資格取得をゴールにしてしまっています。

資格取得したあとは、現場で経験を積みことをスキルアップと考えています。

しかし、それはスキルアップではありません。

スキルアップとは知識を積み重ねることです。

初任者研修や実務者研修、介護福祉士の養成講座は基本しか伝えていません。

基本だけを知って、学んだつもりになっているのが現状です。

スキルアップとは…

「知っている」→「できる」→「伝えることができる」にすることが重要なのです。

 

例)更衣介助

更衣介助の基本原則「脱健着患」を知っている。

「脱健着患」に基づいて介助ができる。

なぜ、「脱健着患」で介助するのかを伝えることができる。

のように、自分の知識と技術を高めてくのがスキルアップです。

スキルアップ研修

このスキルアップを実施しようと思うと、教科書で一回学んだだけでは足りません。

スキルアップさせるために研修などを受講することが必要です。

「知っている」から「できる」は介護現場で経験を積むとある程度はできるようになりますが、「伝えることができる」にするには、根拠を理解する必要があります。

この根拠を理解するには、現場の経験だけでは十分とは言えません。

スキルアップのために研修などを受講し、何度も繰り返し学び続けることが必要です。

 

例えば、先ほどの例の「脱健着患」であれば、その根拠を説明することができますか?多くの方は、教科書で学んだ、そう聞いた。などになると思います。

それは、根拠ではありません。

この根拠を自分で理解できるまで学び続けることが重要なのです。

スキルアップ研修では、この根拠を学べるかどうかが重要です。

この根拠は講師と言われる方々でも十分に答えられる人は少ないです。

自己研鑽のスキルアップ研修

「基本」が大事なのは当たり前で当然のことです。スキルアップ研修に必要なのはこの「基本」どのようにして発展させていくかが重要です。

「基本」に戻ることも重要ですが、それだけでは不十分です。

スキルアップ研修を受講する際には、そのようなことも考えながら選択して下さい。

職場が研修をしてくれないから…、忙しいから…、先輩が教えてくれないから…、

そんな理由であきらめてはいませんか?

介護職として自分自身のスキルアップのためには、自分自身がスキルアップ研修などで学び続けることが必要です。

20数年前に私も同じことを感じて、学びたいと思うことが学べず苦労したことがあります。そのような経験から介護職が学びたいと思うものを学べる環境を作りたいと介護スキルアップ研修を開催しています。