介護技術<ベッド上移動介助>セミナー(研修)について

お問い合わせはこちら

ブログ

介護技術<ベッド上移動(上方移動含む)>セミナー(研修)について

2019/04/04

介護技術セミナー(研修)について

介護技術<ベッド上移動(上方移動含む)介助>

ベッド上介護で一番大変なのが、上方移動です。この上方移動で腰を痛めたり、体を壊すことが多く、上方移動介助で困っている方が多くおられると思います。

寝ておられるご利用者を、ベッド上で上方移動(上に上げたり)、側臥位(横向き)にしたりすることをベッド上移動・体位変換といいます。

この上方移動や側臥位への介助など、ベッド上での体位変換などの介助でポイントになってくるのが「摩擦」です。

特に、上方移動では、この「摩擦」が大きいと力で介助することになり、双方に負担が大きくなります。上方移動介助では、この「摩擦」をどう減らすのかが、ベッド上介助・体位変換では大変重要になります。

 

「摩擦」は単純に、ベッドに接触する面積を小さくすることで軽減できます。

たとえば、腕を胸の前で組むと背中の接触面積が小さくなり、少しの力で介助が可能となります。

ベッド上(上方移動含む)介助・体位変換では、この面積を小さくすることをどうすればできるのか?と考えることが重要です。

ですが、背中やおしりなどはそれ以上の面積を減らすことはできません。

では、どうすれば良いのか?

介護者の腕をご利用者の背中に入れます!!(写真)

そうれすれば、背中の面積が介護者の腕の面積に小さくすることができます。

面積が小さくなれば、あとは力をほとんど使わず、介助者の重心移動で介助ができます。特に上方移動なでは驚くほど効果があります。しかし、この方法だけではすべてを解決することはできません。体格差が大きく、自分より大きな方の上方移動ではこの方法だけでは難しいです。

そのような体格の大きな方への上方移動などを簡単に行える方法を介護技術セミナーとして大阪で開催しております。

札幌・富山・岐阜・名張・和歌山・姫路・広島など全国から参加者が集まる人気の講座です。

興味のある科目を1科目から受講できますので、この機会にぜひご参加下さい。


介護ロボットもリフトも使わない持ち上げない介護技術
腰痛予防にも効果的!!
体重差が30㎏以上あっても楽々できる運動生体力学に基づいた独自の介護技術


文芸社より出版中
専門用語を極力なくし、無資格・未経験の方でも読みやすいよう写真を多く掲載。
介護技術(移乗介助)の基本がこれ一冊でOK!!
セミナー受講生の方には、一冊1000円(税込)で販売中です。