腰を痛めない介護技術~書籍とセミナーのご案内~

お問い合わせはこちら

ブログ

腰を痛めない介護技術~書籍とセミナーのご案内~

2020/04/28

書籍とセミナーのご案内

腰を痛めない介護技術

介護職は負担が大きい⁉

介護職の多くが腰を痛めている現状があります。

介護はそれほど、体の負担が大きい腰を痛めてしまうものなのでしょうか?

介護保険が誕生して20年、介護職の腰を痛めない介護技術はないのでしょう?

 

介護職の腰を痛めない介護技術があります。

 

従来の「ボディメカニクス」ではない「新しい介護技術」です。

運動生体力学に基づいた人間の体の動きにそった

「利用者にも介護職にも 安心・快適な介護技術」です。

新しい「腰を痛めない介護技術」

この「腰を痛めない介護技術」は、何と体重差が30㎏以上あっても楽々できる介護技術です。自分より体格の大きな方の介助も楽に実施できます。

実際に腰痛になってしまった介護職でも「腰を痛めない介護技術」です。

体重150㎏の方の移乗介助を体重60㎏未満の介助者が実施できます。(体験に基づく)

しかも、介護ロボットもリフトもスライディングボードなどの福祉用具を一切使用しません。介護職の技術だけで対応可能です。

利用者にも介護者にも

安心・快適な介護技術

この「腰を痛めない介護技術」の書籍が2020年4月に中央法規出版㈱より出版されました。この書籍は、書籍でありながらスマホで実際の動画も閲覧することができ、これ1冊で介護技術が習得できます。

また、「現場の困った」を解決するための応用的な技術も満載されています。

同時に書籍に収録されていない応用的な技術を満載したDVDも同時発売されました。