介護人材の不足を解消!!

お問い合わせはこちら

ブログ

介護人材の不足を解消!!

2019/04/27

介護職の離職防止

介護職の人手不足が起きる理由

介護職の人手不足はなぜ起きるのか?その理由をご存じですか?

介護職の採用が難しく、なかなか人の応募がない、集まらない…等多くの声を聴きます。介護職が不足してご利用者を新規に受け入れることができないとの声もあります。

ある介護施設ではコスト削減のため、常勤職員を減らし非常勤職員を増やすとした結果、常勤職員が退職し非常勤職員が集まらず、最終的には派遣社員で補うことになり介護人材の不足がおきました。結果的にコスト削減にならずに、素晴らしい人材まで退職してしまい、立て直しに時間を要したということがありました。

人口減少が顕著な今、新しい人材確保は非常に困難です。介護人材の不足にならないよう、今いる職員が離職(退職)しない方法も合わせて考える必要があります。介護人材の不足で悩む介護施設では、新しく採用した職員が次々に退職していくという所があります。その職員はなぜ退職したのでしょうか?その退職理由を知っていますか?

介護職が何を求め、何を考えているのか?介護職の退職(離職)理由を考えてみましょう。………今から十数年前、私はたった一度だけ介護職を辞めようと思ったことがあります。

それは、理想と現実の壁に嫌気を感じたからです。「少しでも人の役に立つ仕事がしたい。人を笑顔にする仕事がしたい。」と思い、この介護の仕事を目指しました。それなのに、実際には、「こんなことをしたい」「ご利用者に喜んでもらいたい」と話すと、事業所の管理者や先輩に…人が足らない、利益にならない、無駄、と言われました。

何のためにこの介護の仕事をしたいと思ったんだろうと思い、疑問を感じてしまいました。この仕事は私が求めていた仕事ではないと感じ、この仕事を辞めようと思いました。

ですが、その後に就職した施設で「介護」の仕事の楽しさに出会い、今も介護の世界にいます。

何がそうさせたのか?

就職した施設では、あまり予算もなく決して良い介護ができている訳ではなく、給料も高い方ではありませんでした。人も少なく夜勤でっも休憩が取れない状態も多かったです…。

しかし、それ以上に働いている職員たちが行事やイベントでは「次、何する?」「何ができるかな」「何がしたい」と常に話し合っていて、「前の企画よりもっと良いものを創りたい」と取り組んでいました。

そんな中にいて、理想の介護ではないけれど、ご入居者と一緒に楽しんでいる自分がいて、「これだ」と感じました。「これがしたかったんだ」と思いました。

介護人材が不足する今の介護現場で一番欠けているのは、このように「何ができるか」と考えることではないでしょうか?

今、専門学校や短大などの教員として教育の立場にいて、介護事業所の人材育成にも携わっていますが、介護職員から「○○はしてはいけない」「安全」や「リスク」という言葉は聞きますが、「○○がしたい」という声は少ないです。

介護人材が不足する所では、「介護」に可能性を感じている人が非常に少ない感じがします。介護はもっといろんなことができて、介護はもっと夢があって…そんな介護ができたら、介護職の退職はなくなります。

介護職が不足する大きな原因は、この「理想」をあきらめてしまったからです。できるかも知れないという「希望」やこんなことがしたいという「夢」を失ってしまったからです。介護保険制度が誕生した時は、もっと、「理想」「希望」「夢」が介護現場にありました。もっといろんな可能性を感じることができました。

介護人材が不足する今の介護現場にはそれらがありません。先にこの業界にいた私たちがこれらの「可能性」を潰してしまったのかも知れません。もし、そうであるならば今の人手不足は私達の責任かも知れません。

もう一度、介護に「理想」「希望」「夢」を戻しませんか?できる「可能性」について考えてみませんか?

今、「そんなの絶対無理!!」「理想だよ」「無理無理!」って思った方…

そんなあなたに「介護」の可能性を知って欲しいです。

人材育成というのは、「信じる」ところから始まります。初めから無理と思ったら人は育ちません。様々な可能性を持っていると信じるからこそできるのです。

介護人材の不足は、介護職が不足していると言っていても、何も始まりません。何かを変えていくのなら、「可能性」を信じる所から始めましょう。

そんな可能性を信じて一緒に人材育成をしませんか?

介護事業所の人材育成を、お手伝いできるノウハウがあります。

介護職の育成だけを専門に行ってきたからこそできる人材育成があります。外国人留学生への指導や育成についてもご相談下さい。現役の教員がご相談に応じます。