持ち上げない介護技術~移乗介助~

お問い合わせはこちら

ブログ

持ち上げない介護~移乗介助~

2019/03/26

介護ロボットもリフトも使わない体重差が30㎏以上あってもできる

「持ち上げない介護技術」

「持ち上げない介護技術」とは…

介護業界の常識と言われる「ボディメカニクス」の基本動作があります。介護の資格である「初任者研修」「実務者研修」「介護福祉士養成学校」など様々な学校で指導している内容です。

この「ボディメカニクス」が万能な技術であれば、介護職の腰痛がこれほど多く発生しているでしょうか?その「ボディメカニクス」では不十分で対応はしきれないことが多く、最終的に「力」で介護してしまっているのが現在の介護業界の介護技術です。しかし、学校では基本が大事ということで基本の「ボディメカニクス」しか教えません。そうなれば、基本で対応できないことが生じた場合には、力でしか対応しなくなり、体を痛めてしまいます。

「介護技術」を変えましょう!!

従来の介護技術では、ご利用者を上へ持ち上げる動作により移乗介助を行ってきました。
この「持ち上げない介護技術」は、人間本来の体の動きに基づいた動作になり、
ご利用者の体を抱える(持ち上げる)ことなく移乗を行うことができる技術です。

写真のご利用者モデル(男性)は、体重が80㎏以上あります。
介助者者のモデル(女性)は体重が50㎏程度です。
「持ち上げない介護技術」このように体重差が30㎏以上あっても可能な移乗技術となっております。
今までの体重差の最大は100㎏以上あっても大丈夫でした。

<下記写真参照>

そして、この持ち上げない介護技術の最大の魅力は、介護ロボットもリフトも使わず介護者の体の使い方のみで行えるという事です。
在宅の訪問介護では、福祉用具の導入等は難しく家族様の負担も大きいですが、
この持ち上げない技術を使えば、家族様でも楽々介護を行うことができます。

また、介護者の負担だけでなく介護されるご利用者の負担もすくないことも大きなメリットです。
双方に負担が無いことが介護への抵抗を無くし、長く介護を行うことができます。

 

現在、この持ち上げない介護技術による移乗介助セミナーを大阪箕面市で定期的に毎月開催しております。
セミナー受講者の中には、札幌・東京・神奈川・岐阜・名古屋・和歌山・三重・愛知・京都・大阪・神戸・姫路・広島・岡山・山口等からもご参加頂き好評を得ています。

 

講師派遣案内

「持ち上げない介護技術」をあなたの職場に!!

この「持ち上げない介護技術」の介護セミナーをあなたの職場で開催しませんか?

講師派遣をご利用頂ければ、職場以外の場所でもこの「持ち上げない介護技術」のセミナーを開催することができます。是非、ご利用下さい。