介護福祉士国家試験対策講座(大阪)2020年開講

お問い合わせはこちら

新着情報

介護福祉士国家試験対策講座(大阪)2020年開講

2020/07/03

2021年1月31日 介護福祉士国家試験実施

介護福祉士国家試験対策講座(大阪)開講

2021年1月31日(日)介護福祉士の国家試験が実施されます。

受験予定の方、勉強は始めてますか?

テキストは購入しましたか?

一人で勉強するのは自信が無いという方、一緒に勉強しませんか?

昨年、この講座を受講された方は全員合格されました。

今年も、昨年同様のカリキュラムで実施致します。

是非、一緒に合格目指して最後まであきらめずに頑張りましょう。

※コロナウィルス対策としてマスク着用での参加をお願いしております。

介護福祉士の国家試験でよく勘違いされるのは「丸暗記」についてです。

「丸暗記」すれば良いと思っている方や「丸暗記」が重要と思っている方が多いですが、大きな間違いです。

「丸暗記」しても「正しい答え」が分からなければ正解はできません。

例)訪問入浴介護に関する問題

1、入浴の可否は、看護職員と介護職員との間で協議することによって判断する。

上記の問題はサービスの種類として訪問入浴があり、どんなサービスなのかを「丸暗記」していても正しい答えを判断することが難しいです。

上記の答えは、×です。

理由は、入浴の可否の判断は主治医の判断となるためです。

上記の問題を正しく判断するためには、訪問入浴はどんなサービスなのかという知識と入浴の可否の判断についての知識、看護職や介護職、医師の役割などの知識が必要となります。

これらすべてを「丸暗記」できますか?

合格するには、この正しい答えを判断する方法が必要です。この講座では、この正しい答えを判断するための方法を中心にお伝えいたします。